ブログ

中国人結婚式の準備

一、 六ヶ月前の準備内容:
1、 結婚期間の選定
2、 結婚前の健康診断の手配
3、 結婚式典方式の選定(中華又は西洋)
4、 結婚費用予算リストの作成、双方親類と支出の分担打ち合わせ
5、 新婚部屋の準備、その補修と装飾装修開始
6、 花嫁の美容スケジュールの策定、定期美容の開始
7、 結婚記念写真の会社選定
8、 国内外の新婚旅行情報の収集
9、 結婚式と披露宴出席者名簿の策定

上海万博「中国館」に秦始皇帝の「銅車馬」展示スタート

上海万博「中国館」で6月1日から、陝西省西安の始皇帝陵から出土した副葬品「銅車馬」の展示が始まりました。

西安秦俑館で新たに発掘された彩色俑3体を初公開

「人民網日本語版」2010年5月20日による

 陝西省西安秦俑館では18日、一号坑で最近発掘された彩色俑3体を初めて公開した。今回公開された陶俑3体は顔の大部分の顔料が残された珍しいものだ。1体の顔の色は灰色がかった白、1体は白、1体はピンク色だが、最も注目すべきなのが、灰色がかった白い顔の武士俑の瞳が、大部分の俑が黒であるのとは異なり褐色である点だ。

西安博物院は無料開放

2007年5月18日に開館された「西安博物院」は3月31日から無料観光になっていました。小雁塔の境内に位置する「西安博物院」の敷地面積は1.6万㎡で、陳列面積は5千㎡もあります。館内には13万件の文化財を収蔵された。その内、国家三級以上の文化財は1万4千件があります。陳列品は「基本陳列」、「特定のテーマ陳列」と「臨時陳列」三つの部分からなっています。

唐代公主の冠が修復成功

この間、陝西省考古研究院とドイツの考古専門家の努力によって、今から1200年前の唐代の公主の冠を修復した。

この冠は2001年、西安の東の郊外にある唐代古墳から出土された物で、この古墳の主は唐の高宗李淵の第五代目の孫娘です。墓誌の内容により、この唐代公主の姓名は李倕で、字は淑嫻です。開元24年(西暦736年)に病没して、享年は25歳でした。